きょうされん,大阪支部,osk,障害福祉,ニュースクリップ,めざすもの

取り組み情報

  • 2018/09/20│他団体「憲法25条を守り、活かそう!~10・25中央行動~

    ※多数ご参加下さい!

    日時:10月25日(木)13時~15時半
    場所:日比谷野外音楽堂・厚労省包囲行動
    内容:基調報告、連帯あいさつ
    各分野からの報告

    ・生活保護基準引き下げの生活実態

    ・年金削減は違憲

    ・障害者65歳問題の解消を

    ・社会福祉事業経営の立場から 等々

    主催:「憲法25条を守り、活かそう」共同実行委員会

  • 2018/09/18│他団体浅田訴訟(介護保険優先原則問題)

    9月11日に行われた浅田訴訟控訴審第1回口頭弁論の様子を伝えるニュースが送られてきました(「ささえ93号」)。

    控訴審はこの1回で終結し、12月13日(木)13時半から判決が出されることに決まりました。

    裁判所がどのような判断をされるか注目です。

  • 2018/08/29│全国障害者雇用水増し(偽装)問題を徹底検証し、真の障害者雇用の前進を

    2018年8月29日 きょうされん常任理事会

    本日付で発表されたきょうされん常任理事会声明を紹介します。
    徹底的な究明と同時に、根幹にある行政や政治のありように踏み込んでの対応を求めます。

    リンクはこちら。

  • 2018/08/21│他団体旧優生保護法による強制不妊手術問題に関する声明(JDF)

    日本障害フォーラム(JDF)が8月15日付で強制不妊手術問題に関する声明を発表、その全文がホームページで公開されています。国は被害者に速やかな謝罪と救済を行うべきです。

    (さらに…)

  • 2018/08/02│他団体65歳問題・浅田訴訟

    介護保険優先原則で岡山市を相手に裁判を闘っている浅田さんの控訴審第1回期日の日程が決まりました。

    傍聴等含めみなさんのご支援をお願いします。

    浅田訴訟・第1回控訴審
    日時:9月11日(火)10時半~
    場所:広島高等裁判所岡山支部(岡山地裁建物内)

  • 2018/07/06│他団体【岡山・浅田訴訟】(介護保険優先原則・65歳問題)

    浅田達雄さんを支援する会から、支援ニュース「ささえ第88号」が届きました。控訴審に向けた闘いを準備しつつ、改めて控訴断念を求める抗議要請行動が呼びかけられています。ぜひご協力ください。

  • 2018/07/06│他団体全障研大阪支部・青年成人期部会

    日時:7月23日(月)18:45~21:00
    場所:国労大阪会館 (JR環状線天満駅下車徒歩2分)
    共同研究者:白石恵理子先生(滋賀大学)
    レポーター:地域活動センター青葉園
    内容: 「帰りたいけれど…その奥にある思い」
    参加費:会員200円/非会員300円

    (さらに…)

  • 2018/07/05│他団体引き下げアカン!大阪の会通信№27

    内容
    ・第13回期日(5月30日)の報告

    ・府内各地の支える会の報告、

    ・国連人権専門家による生活保護削減に関する日本政府への警告等について。

    ぜひお読みください。

    尚、次回期日は8月29日(水)午後3時~です。

  • 2018/06/25│支部2018年度大阪府交渉日程

    2018年度大阪府交渉日程が確定しました。
    主な内容は以下の通りです。
    詳細は、下記資料でご確認してください。

    7月
    2日(月)11時~16時 放課後保障、医療、就労
    4日(水)10時~12時 教育
    10日(火)10時~15時 教育、放課後保障、介護保険
    18日(木)10時~17時 街づくり・防災等、障害福祉施策全般

    ※会場はいずれも日赤会館(地下鉄谷町線「天満橋駅」を下車徒歩5分)

    2018年度大阪府交渉日程(PDF)

    2018年度大阪府交渉要望項目(PDF)

  • 2018/06/24│他団体【憲法9条・25条を守る大阪の障害者・府民の会 けんぽう講演会】

    「今、憲法「改正」はどこに来ているのか~自民党案を考える~」

    ・日時:8月2日()午後7時~8時45分

    ・場所;大阪社会福祉指導センター(F研修室1)

       地下鉄「谷町六丁目」②番出口より徒歩7分

    ・講師:冨田真平さん

    (さらに…)

  • 2018/06/20│支部【大阪北部地域を震源とした地震について】

    【大阪北部地域を震源とした地震について】①
    6月18日(月)発生から13時までに入ってきた主な状況
    ・壁掛け時計が落ちる・書類が散乱する等あり。エレベーターが停止している。
    ・自宅で少し怪我をした。
    ・ライフラインが一部停止している。そのため仕事ができない。
    ・職員が遅れての出勤となり、体制をとるのが大変。
    ・休む人がほとんどだが、単身世帯や家族状況から事業所で受けとめている。
    ・単身で暮らしている人について、相談員で手分けして安否確認している。

    【大阪北部地域を震源とした地震について】②
    20日午後3時までに入ってきた主な状況
    ・水の濁りやガスが止まっているなどで給食が実施できない
    ・GHの食器棚が倒れ、多くが使えなくなった。
    ・GHが雨漏りをして対応に追われた。
    ・近所のスーパーでは水は売り切れ。パンや惣菜などもすぐになくなってしまう。
    ・エレベーターがなかなか復旧できなかった
    ・自宅で入浴できない人のために作業所でシャワーを計画している
    ・地下鉄を使っている利用者が、通所途中で降ろされ、一時安否確認ができなかった

    本日(20日)は、大阪北部を中心に大雨警報が出され一部には避難指示が発出。今のところ、避難されている障害者・家族の情報は入ってきていない。また交通機関の乱れもあり。地域差もかなりあるようですが、まだ影響が様々に続いている。

  • 2018/06/19│全国大阪府北部を震源とする地震の被害について

    6月18日発生の地震に関する「きょうされん全国」で把握した被災状況が公表されています。内容は随時更新されます。

    リンクはこちら